スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬来風光美食

馬来風光美食

先日マレーシア料理の話題が出たのを機会に、旧知のS氏と荻窪にある馬来風光美食というマレーシア料理店に行ってきた。
東京には他にもいくつかマレーシア料理の店があるが、このお店は初めて。
事前に調べてみるとマレーシア出身の中国系のお姉さんが一人で切り盛りしているお店のようで、しかもその方はイポーの出身。イポーといえば私が仕事で滞在していた町なので、その辺もちょっと楽しみだった。

さてS氏と荻窪のルミネで合流後、早速お店に向かう。
荻窪駅から青梅街道を右にしばらく歩くと、有りました、いかにも怪しげな看板(失礼!)年季の入ったビルの地下1階にそのお店はありました。
早速出迎えてくれたのは、満面の笑みをたたえたご主人のエレンさん。
矢継ぎ早に「ここは初めてよね?」「マレーシア料理は食べたことある?」「マレーシアに行ったことある?」と質問されつつ、席に案内される。
そこでこちらもイポーに居たことあるみたいな話をしたら、それはそれは驚いていらっしゃいました。
マレーシアに駐在している日本人はあまたいるみたいだけど、大抵は首都クアラルンプールやペナンらしくて、さすがに地方都市のイポーを知っている日本人はあまりいないみたい。
そんな話題で盛り上がりつつ、早速いくつかの料理をオーダー。
空芯菜の炒め物と揚げ湯葉包み、そして評判のバクテー(肉骨茶)。

この店はホントにエレンさん一人で切り盛りしていて、注文から料理からおしゃべりまで何でもてきぱきこなしている。かなりの人気店なのか我々が入った後もあっという間に店内は満席。実際10人も入れば一杯になってしまう狭いお店だが、一人で切り盛りするにはこの辺が限界なんだろう。

さて、肝心のお料理はというと、これがまたウマい。
高級なマレーシア料理ではないけど、イポーで食してきたまさに家庭料理という感じ。バクテーはイポー風の、どちらかといえばあっさりしたものだったが、日本人向けにはこのくらいがいいのかもしれない。
ナシルマ

その後私はナシルマ(ココナッツご飯)、S氏は海南チキンライスを締めにオーダー。
エレンさんはニコニコしながら料理をしつつも、お客さんに声かけを忘れない。
この辺が人気店の秘密なんでしょう。
もちろんナシルマも美味しかったー。
チキンライス

こちらのメニューは他にもいろいろあるみたいで、とても一回では食べきれない。要予約のフィッシュヘッドカリーも気になるし、なんと言っても個人的にワンタンミーが気になる。
この辺は次回のお楽しみって感じですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん

Author:てんちゃん
現在テスト運用中です。
最近すっかりsitiネタがないな。macなどデジタルガジェットとかメタルとか、アニメなどなど、気になるものを書くかな??

ブログ内検索
フリーエリア
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。